関西から関東へ 自力引っ越しで引っ越し費用削減

繁忙期の引っ越し料金は割増料金になり、遠距離になると信じられないぐらいの値段になります。結婚のために、3月の最も繁忙期に単身で引っ越しを行おうとしていた私は、まず一括サイトで見積もりをとりましたが、最初の見積額が10万円を超えました。

 

この信じがたい値段に仰天した私は、業者に頼むのをやめて、自力で引っ越しを行うことにしました。まず、引越しの荷物を少しでも少なくするために、大型の家電や家具は全ては廃棄しました。冷蔵庫や洗濯機は廃棄すると、リサイクル料金がかかりますが、逆にリサイクル業者に売ると、お金がもらえることがあります。製造日から5年以内の家電であれば、大概無料で引き取ってくれるので、少なくともリサイクル料金がかかることはありません。

 

私の家にあった家電は4年程度のものでしたが、冷蔵庫と洗濯機で4000円の値がつきました。荷物は段ボールに入るものは、段ボールにいれて、ゆうパックで配送しました。個数が増えると、高くつくので、できるだけ大きいダンボールを選んで持っていきました。この際、郵便局まで荷物を持ち込むと、100円値引いてくれるので、持ち込みをしました、さらに、配送先が同じ場合は、伝票を持っていくと50円ひいてくれるサービスもあるので、一個あたり150円安くなりました。

 

段ボールは10箱くらい送りました。家具の中で、どうしても持っていきたい大型家具があったので、1点だけは、ヤマトホームコンビニエンスの家具配送サービスを利用しました。それが、2万弱くらいかかりましたが、自力で引っ越しをすることで、4〜5万円以内に引っ越しをすることができました。大変だったけど、予算を抑えることができて、とてもよかったです。また、あとから知ったのですが格安引越しセンターを利用すればもっと安くできたっぽいです。これだけはやや心残りです。

 

 

その他注文住宅に引っ越すにあたり参考にした情報。

 

1.ローコスト住宅のメリットデメリットとは?
2.注文住宅工務店はどうやって選ぶ?

まさの日記

最近マラソンを始めました。きっかけは、去年のホノルルマラソン。

 

旅好きの友達にハワイに旅行がてら、むしろホノルルマラソンに出場がてら?かもしれませんが、
誘われたことがきっかけで、女3人運動もろくにしてこなかったのに、いきなり走り始めた。

 

最初は、3キロ走るのもやっとな感じ。3人で走る時は、皇居ラン。皇居は、1周5キロだから、走り始めたら5キロは走らなきゃだし、最初はかなりきつかったなあ〜。

 

初めて1カ月もたったら結構走れるようにもなって、たのしくなってきました。走り終わってからの、銭湯→ビールも最高だし。

 

そのために走ってるんじゃないかってくらい。そんな感じで始めた、マラソン。こないだの東京マラソンも抽選で当たって、見事完走。

 

5時間台だったから、全然速くないけど。だから今年は、時間を縮められるようにしっかり練習して、鍛えてやるんだ。

 

目指すタイムは、サブ4。サブ4なんて、あこがれの響き。できる気がしないけど、今年はタイムを意識して練習するんだ。